おせっかい先生の日記


孫さんの動画

司馬遼太郎の『竜馬がいく』という本を読んで、16歳で渡米した少年は、様々な困難に経立ち向かいながらも、のちにSoftbankを立ち上げました。

30年前に、アルバイト社員二人しかいない会社、机代わりのみかん箱と扇風機しかない社内で、「30年後には、30億、60億と稼ぐ会社になる」と演説したそうです。

Softbankが大企業に視聴したのは、みなさんもよくご存知だと思います。
そこに至るまでに、常に志を高く持って、どれほどつらいことがあっても、ここその志を成し遂げようとすること。

孫さんの話は、こちらからどうぞ。
泣ける話なので、ぜひ聞いてみてください。

ちなみに、Softbankの社章の2本線は、海援隊の旗の柄がモチーフになっているそうです。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A