人生は歯が命 歯っぴぃーライフ


アメリカで子供に人気の職業ナンバーワンは?

先日とある歯科医師の先輩に、こんな話を聞きました。
今の私立の歯科大の学生は、6~7割が女性なのだそうです。つまり歯科医の卵は、女性のほうが割合が多いという事です。

どうして、女子学生の割合が高くなったか、お分かりでしょうか?

理由の一つには、厚生労働省が歯科医の数を抑制したこと。
歯科医になる人数が同じでも、女性が歯科医になったほうが、歯科医の相対的な人数が減るからです。
歯科医に限らず、女性は結婚や出産などで仕事から離れる可能性が高いですよね。
つまり、歯科医の資格を持ちながらも、仕事はしていない潜在的な歯科医の割合が増えれば、仕事をしている歯科医の割合が減るというわけです。
勿論、結婚や出産をしつつ、歯科医を続ける女性もいます。

なぜ、厚生労働省が歯科医の人数を抑制しようとしているのでしょうか?
日本での歯科医院の数は、とても多いのです。1駅を1㎞圏内と仮定すると、15軒位歯医者があるのです。
これは、コンビニの数の1.6倍位にあたります。
歯科医院をそんなにたくさん見かけないのは、コンビニは必ず1階の路面にあり、歯科医院は2階もしくはそれより上の階で営業しているから目立たない、ただそれだけのことなのです。

また私立の大学は、国家試験の合格率を上げるために、合格するかギリギリの生徒を留年させて、国家試験を受けさせないということもしているそうです。
成績の良くない学生に対しては、大学を卒業させるけれども「国家試験は受けない」という、誓約書を書かせることもあるのだとか…。

歯科医を育てる現場での、歪んだ現実が、そこにはあります。

さらに、歯医者は人気のない職業になっているのではないか、そんな気がします。

事実、子どもがなりたい職業ランキングで、200位以下。
これが日本の子ども達の考えです。

日本の200位以下に対し、何と人気ナンバーワンの国があります。
それは、アメリカです。

ナンバーワンの理由は、「お金持ちになれるから」「ステイタスが上がるから」。
飛行機の中で隣り合ったアメリカ人に仕事を聞かれ「デンティスト」と答えたら、「それは素晴らしい」と羨望のまなざしで見られたことがあります。

かたや、日本では200位以下…。

私たちは、歯科医は魅力的な職業だと、子ども達に知ってもらう努力をしなくてはいけないと思っています。

でも、アメリカに比べれば、歯科医は収入の面で、魅力に欠けるのは確かです。
お金が全てではないけれど、自費診療しか行わないアメリカならば、一人の患者さんに時間をかけ、ゆっくり丁寧に診察することができます。

前回のコラムに書いた根管治療に関していえば、アメリカでベテランの歯医者が治療すれば1本15万円。
日本では、国民皆保険制度があるので、3本治療して、160円。
ベテランの歯科医が治療しても、国家試験に受かったばかりの研修医が、内心ドキドキしながらどうにかこうにか治療をしたとしても、3本160円で同じです。

私は真剣に根管治療を行いますが、テキトーにやってしまう歯科医がいないとは言い切れません。

国民皆保険の制度は素晴らしいものだと思います。
でも、マイナス面も存在するのです。
フィンランドにおける歯科治療のように、誰にとっても良い制度が出来ると良いのですが。
最近、そんなことを思うのです。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A