わくわくスタッフ日記


ミュシャ展2017 スラヴ叙事詩

ミュシャという画家をご存知でしょうか?

名前はうろ覚えでも、絵や当時大人気だったポスター画を観れば
「あ、知ってる」という方、結構いらっしゃるかもしれません。

そのミュシャの超大作『スラヴ叙事詩全20作』が、チェコ国外では
日本で初めて一挙に公開される展覧会が、6月5日まで新国立美術館で
開催されています。
このスラヴ叙事詩は、とにかく大きな作品で、カンバスのサイズが
縦6メートル横8メートルという大きさ。

当然ながら、チェコからの搬送も規格外。
額装ごと搬送されるイメージの絵画が、巻物のようにクルクル巻かれ、
コンテナに入れて運ばれてきました。

ホームページには、巻物のような絵を額に収めて設置するところを
見ることが出来ます。
http://www.mucha2017.jp/

巨大な絵が20作品も一挙に観られるなんて、滅多にありません。

大人だけでなく子どもにとっても、きっと圧巻、間違いなしです。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A