わくわくスタッフ日記


乳歯の生え変わりについて

皆さんこんにちは。
乳歯の生え変わりは何歳くらいから始まるかご存知ですか?

一般的に乳歯の生え変わりは6歳ごろから下の前歯から始まり、14歳ごろには奥歯まで生え揃って大人の歯列が完成します。
ただ、かなり個人差がありますので遅かったり、早かったりしても気にしないでくださいね。
この時期は何かと心配がつきものですよね。お子さんの歯並びやグラグラしている歯をどうしたら良いのかと不安を抱えている人も多くいます。
お子さんのケアでできることは、歯並びに悪影響を及ぼす可能性がある指しゃぶりを控えるようにしたり、グラグラしている歯を無理に抜かないようにしたりを心がけることがあります。もしも、痛みがあったり、疑問があったりする場合には歯科医院にご相談ください。

また、この時期に注意してほしいのが虫歯です。特に、生え変わるからと乳歯の虫歯を放置してしまうと永久歯に悪い影響を与えることがあります。生えたばかりの新しい歯は虫歯になりやすいからです。
これは、表面が粗いため汚れが付着しやすく、虫歯に対する抵抗力も十分に備わっていないことが要因になっています。
お子さんの歯磨き後に仕上げ磨きをしてあげるなど、虫歯にならないように気をつけてあげてくださいね。
また、ある程度の歯が生え変わったら、歯ブラシのサイズを見直すことも大切になります。
歯の健康についても心配が増える時期ですので、不安を抱えている方は定期的な歯科検診で大切な歯を守っていきましょう。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A