義歯

保険の義歯

入れ歯には、保険で作れるものと、保険適用外のものとがあります。
保険で作る義歯の素材は、主にプラスチック(レジン)です。
部分入れ歯の場合は、クラスプという留め具を金属で作ります。
その留め具を鍵のようにして、隣の健康な歯にかけて留めているわけです。
歯茎に相当する部分がプラスチック製なので、一定の厚みも必要です。
しかも、取り外しをする度に、クラスプを引っかけている方の歯(入れ歯ではない、その人自身の歯)に、負担がかかるため、隙間が出来てしまって見た目もよくないのです。
さらに問題は見た目だけにとどまりません。
なんと、クラスプを引っかけていた自分の歯が抜けやすくなってしまうということも起こり得ます。
歯が抜ければ、また1本追加した入れ歯を作らなければなりません。
そして、クラスプによってまた自分の歯が失われ、新しい入れ歯を作り、クラスプによって歯が・・・。
ということを、繰り返してしまうことも、充分に起こりえます。