歯周病は全身症状の1つ!?

歯周病を発症しないために

歯周病を発症しないために

そう、体そのものの 「免疫」が関係しているみたいです。例えば「糖尿病・心臓病」など免疫が働きにくい方は歯周病になりやすいことが報告されています。
日常では便秘・貧血・精神的なイライラなども非常に免疫力に関係しています。便秘は血を滞らせて(漢方で淤血(おけつ)という)血流障害が起こり、全身の一部の症状として歯茎がはれたり歯の周りの骨が溶けたりします。
貧血なども酸素の運搬不足なので全身の症状として、歯茎や歯の周りの骨に出ます。
精神的なイライラなども、自律神経に作用して免疫物質を出にくくする為、これもまた歯茎や歯の周りに影響します。
つまり体全体の健康・気力などもトータルにサポートできることが歯周病を発症しない早道であると(どんな病気でもそうですが)当院では考えております。