義歯

保険の義歯

入れ歯には、保険で作れるものと、保険適用外のものとがあります。
保険で作る義歯の素材は、主にプラスチック(レジン)です。
部分入れ歯の場合は、クラスプという留め具を金属で作ります。
その留め具を鍵のようにして、隣の健康な歯にかけて留めているわけです。
歯茎に相当する部分がプラスチック製なので、一定の厚みも必要です。
しかも、取り外しをする度に、クラスプを引っかけている方の歯(入れ歯ではない、その人自身の歯)に、負担がかかるため、隙間が出来てしまって見た目もよくないのです。
さらに問題は見た目だけにとどまりません。
なんと、クラスプを引っかけていた自分の歯が抜けやすくなってしまうということも起こり得ます。
歯が抜ければ、また1本追加した入れ歯を作らなければなりません。
そして、クラスプによってまた自分の歯が失われ、新しい入れ歯を作り、クラスプによって歯が・・・。
ということを、繰り返してしまうことも、充分に起こりえます。

軟質のファイバー義歯

軟質の義歯で、保険適用外ですが、柔らかく軽く、見た目がきれいなのが特徴です。
床の部分がファイバー(繊維)で出来ているので、周りの歯(その人自身の歯)への負担が非常に少なく、保険の歯の20分の1しかかからないと言われています。
ファイバーで出来ていてクラスプも一体化しているため、外側に金属のクラスプを作る必要がありません。
軟質義歯は軟らかいので、もし踏んでしまっても割れることはありません。
歯周病で多少グラグラしている歯でも、軟質義歯を使うことによって安定してしまうこともあります。

入れ歯が合わなくて困っている方、作り替えを考えている方には、軟質(ファイバー)の義歯をお薦めしています。
保険適用外の義歯ですので、症例によってお値段が変わります。
ご興味のある方は、お問い合わせください。

アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A