おせっかい先生の日記


セミナー体験記3 暗闇の道

前回よりお届けしているセミナー体験記の第3弾です。
 
 
今日はセミナー2日目の朝行ったセッション”暗闇の道”というのを書いてみたいと思います。
 
 
暗闇の道のセッションでは、部屋を真っ暗にして少しの明かりもない部屋で視覚に頼らないで、視覚以外の五感を鋭くさせるセッションでした。
 
 
暗闇の中でコップにお水を入れたり、ブロックを作ったりしましたが、真っ暗闇で五感を研ぎ澄ますと、明かりがある時以上に嗅覚や触覚、方向感覚などが冴えてくるのを実感できました。
 
 
このセッションでコーチングしてくださったのが全盲の方でした。
やはり盲目の方は視覚に頼らない世界にいるので暗闇では大変頼りになる先生という感じで、当たり前のことですが彼らは私よりも暗闇で得ることが出来る情報が多いわけです。 
 
人生において五感を鋭くさせるというのはとても大切で普段私達目の見える人間はどれだけ視覚に頼って生きているのか?というのを実感します。
会話の中での話し方、話す声のトーン、速さ、やさしさなど、聴覚だけでも人を感じることが出来るものがたくさんあります。
 
 
このセミナー開催期間中実は参加者はみな”断食”していたのですが断食すると普段よりもさらに五感の鋭くなり地球の美しさや緑の鮮やかさをより深く感じることが出来ます。 
 
五感が鋭くなると色々なものに感動し、感謝の心が生まれます。
 
 
暗闇の道のセッションでは”全盲の方の気持ちを理解する”という面においても貴重な体験でしたが、五感を鋭く持つ事で普段では感じ得なかった感謝や感動を感じることが出来きた事も大きな収穫となりました。
 
 
(セミナー体験記次回に続く)


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A