おせっかい先生の日記


マズローの欲求

皆さん、マズローの欲求段階説をご存知でしょうか?

人間には、いくつもの欲求があります。
5段階のピラミッド型に表してみましょう。

一番底辺が『生理的欲求』
これは生きていくためのもっとも基本的で本能的な欲求
食べたい、寝たいなど

その上が、『安全欲求』
安全安心に暮らしたい、またその状態を一日も長く維持したいという欲求

三番目が、『社会的欲求』
どこかの集団に属していたい、一人は寂しい、仲間が欲しいという欲求

四番目は、『承認欲求』
他の人から認められたい。尊敬されたいという欲求

一番上は、『自己実現欲求』
自分の能力を高めたい、夢や目標を実現したいなど

経営者は社員やスタッフに五番目の『自己実現欲求』を求めがちですが、
人間というものは一番基本の『生理的欲求』が満たされていないと、
その次の段階の欲求に進むことが出来ないものなのです。

生理的欲求と安全欲求は満たされている人が殆どだと思いますので、
社会的欲求を満たすところから始まると言えるでしょう。

例えば、、社員やスタッフのなかに「私はここで働いていても良いのだろうか」
「私はここで必要とされているのだろうか」ということで悩んでいる人がいるとしたら、
その人は三番目の『社会的欲求』が満たされていない、ということなのです。

経営者が五番目の『自己実現欲求』を求めても、社員が『社会的欲求』や
『承認欲求』が満たされていない状態なら、自己実現を求めても無理だということ。

経営者と社員とのギャップはこういうところから生まれるわけです。

個々の社員・スタッフに、この会社にとってあなたは必要な存在であると認めてあげること。
これで、社会的欲求が満たされます。
次に「君だからこの仕事を任せられるんだよ」などと示すこと。
そういったことで『承認欲求』が満たされて初めて、
『自分から仕事を見つけていく、高い目標を設定してそこに向かって進んでいく』
といったような行動がとれるようになるのです。

経営者はこういったことを念頭において、社員・スタッフと接するべきです。

「あなたがうちの会社にいてくれて良かった」「社員でいてくれて嬉しい」
こういうことを言うだけでいいと思います。

そして、これは本には書いてありませんが、
ユー・メッセージとアイ・メッセージが大切です。

ユー・メッセージは、「あの仕事、あなたがしたんでしょう。すごいね、素晴らしいよ!」
アイ・メッセージでは、「あの仕事をあなたがしたんでしょう。私は、すごいと思う。素晴らしいよ!」
となります。

言われた人は、どんな反応をするでしょうか?

アイ・メッセージでは、言われた人の性格や心情によっては、
「そんなにたいしたことじゃありませんよ」と、
否定的な返事をする人もいるかもしれません。

ところが、ユー・メッセージでは、「すごい、素晴らしい」と感じているのは
あくまでも言った人なので、反抗や反発のしようがないのです。

『承認欲求』を満たす言葉をかけるときに、アイ・メッセージを取り入れると
更に効果的だと思います。

そしてこれは会社だけに限ったことではなく、友人同士の関係や、家庭においても
同じことが云えると思います。
IMG_5815


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A