おせっかい先生の日記


歯医者さんのお口のなか

歯医者さんで口を開ける患者さんの殆どは、自分を治療してくれる
歯医者さんの口の中を見たことは、まずないでしょう。

歯医者さんだって虫歯になる人はいますし、当然ながら治療もします。

虫歯を削って詰め物をしているその口の中には、保険適用の金属は、
殆ど見あたりません。
たいていは、ゴールドかセラミックなのです。

保険適用の、俗に言う銀の詰め物であるパラジウムを、
歯医者さんが自分の口に入れないのはなぜなのでしょうか?

患者さんが詰め物を選ぶときの基準は、色々あるでしょうが、
保険適用か、つまり安いかどうかが大事なポイントだという方もいるでしょう。

保険適応のパラジウムは安いです。

でも、歯医者さんはパラジウムを自分の歯には使っていません。
それはなぜかといいますと…。

パラジウムは、持ちが悪く虫歯が再発するまでの期間が短い、口内炎の原因になる、
アレルギー反応を引き起こすほか、体に有害な物質であり、海外では歯科治療に
使うことを禁止している国さえあります。
こういうことを知っているから、自分の歯の治療には使おうとしないのです。

患者さんに自費診療の詰め物を勧めるのは、こういう理由があるからです。
お金儲けのために自費を勧めるという歯医者さんがいることも否めないのですが、
殆どの歯医者さんは患者さんの口の中と体のことを考えたうえで、自費の詰め物を
おすすめしています。

お金儲けよりも、自費の詰め物のほうが優良だから勧めています。

「銀の詰め物」と呼ばれるパラジウムは危険なのです。
金儲け主義だと思われるのが嫌で、その事実を説明せずに、
金額の点だけで「保険のパラジウムか、自費か」を
患者さんに選ばせるのは、とても怖いことです。

みなさん、どうぞよく聞いてくださいね。

患者さんと患者さんの歯を守りたいから、自費を勧めているのです。

私も歯医者になる前は、パラジウムを詰めていましたが、恐ろしさを
知ってから、全てのパラジウムを外しました。

歯医者の人口は約10万人位です。

日本の人口の0.1%の人だけがパラジウムの怖さを知っていて使用しないと
いうのは、どうなんでしょう?


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A