おせっかい先生の日記


「逃げられリン」と言われて

私が歯医者になって約25年経つのですが、
最近自分の生い立ちを考えることがよくあります。
今では根管治療で根を治すのは日本一だと思っていますし、
腰痛やめまいなどの不定愁訴を噛み合わせから治す調整をしたり
矯正治療では歯を抜かないようにして患者さんには喜んでいただいています。

しかし、私の生い立ちは非常に苦しいものがありました。
歯学部の学生だった頃、5・6年生の臨床研修の時に
同級生から「逃げられリン」というあだ名で呼ばれていました。
なぜならば、私は患者さんにあいさつもできないし、治療も下手くそで、特に痛い思いをさせていました。
だから患者さんから逃げられていました。
先生からはいつも「逃げられリン」だからどうしようかな?と言われていました。

そこで自分で奮起し、下手くそだからこそ日本一の歯医者に行ってみようと考え、
新潟のM歯科という歯医者さんに就職しました。
分院が全国にある大きな歯医者さんです。
行ったときに驚いたのは入社式があることでした。
一般的な歯医者は小規模なので入社式がないのが普通です。
そこには新人ドクターが約25名と衛生士が100名程いました。
入社式には新潟の知事も来てスピーチしたりと大きな一般企業の入社式のようでした。

その後スタッフは全国の分院に配属されるのですが、
私は新潟の本院に残りました。
そこには私を含めて3人の新人がいました。
働き出してから私はM先生にたくさん酷いことを言われ、苦しみました。
心理的に追い詰められた私は結局2~3か月程度でM歯科を辞めてしまいました。

東京に戻ってきてもしばらくM先生の言葉を思い出していました。
しかし、これでは駄目だと自分に言い聞かせました。
そしてまず始めたことは麻酔が上手にできるようになることでした。
毎日自分の口を使って練習しました。
一か月に3000本ほど針を刺したので顔や口が腫れてしまいました。
そこからどう麻酔を打てば痛くないかを学ぶことができました。
私はまた、M先生の叱咤激励の数々を思い出しました。

それから私は腰痛になり不定愁訴治療で有名な先生の所へ行き、3年程不定愁訴を治す修行をしました。
どうすれば治せるのか、しっかりと学びました。
そして今の自分があるなと最近思いました。

どんな人生でもその時すごく嫌だったことも
後になってから実はいいことだったとわかることもあります。
あの時、M先生に酷い事を言われていなかったら、私は普通の歯医者になっていたかもしれないし、今の自分はなかったと思っているので、とても感謝しています。

どんな自分でも苦しいときほど成長しているということをわかっていただきたいと思います。
人生で大変だったことはきっと後でよかったと思えるようになると思うので、逃げずに頑張ってほしいです。

逃げられリン院長より。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A