おせっかい先生の日記


妊婦さんの8割が歯周病

産まれてくる赤ちゃんに問題を起こす原因のトップは
口腔内細菌と、親の気道、つまり呼吸の問題だということを知っていましたか?

妊婦さんの8割は歯周病にかかっています。
妊娠中はホルモンの影響で歯肉炎が起こりやすくなります。さらにつわりなどで食生活が不規則になったり、歯磨きが不十分になったりするので歯周病になりやすくなるのです。
そして歯周病にかかっていると低体重・早産のリスクが約7倍も高くなります。
歯周病は最も酷悪な細菌が感染している状態です。
口の中の歯周病細菌が呼吸器や血液内に入り込むと、胎盤を通して胎児に直接感染すると言われています。
胎児は菌がいるところから逃げる為に早く出ようとするので早産しやすくなるのです。

歯科先進国からしたら、口腔内のコントロールもせずに子どもをつくるなんて…と言われかねません。
しかし、妊娠中は歯医者に行きたくても行けなかったり歯磨きも思うようにできないこともあることからお困りの妊婦さんも多い事と思います。
歯磨きができない場合は、あまり神経質にならずに洗口剤を使用するようにして、体調が良いときにしっかり磨くようにしましょう。
口の中が乾燥すると歯周病の原因になる細菌が繁殖しやすくなるのでこまめに水分を摂ることを心がけましょう。
既に歯周病にかかっている場合は母体に負担のかからない応急処置をしてもらい、安定期に入ってから通常の治療を受けるといいでしょう。

妊娠中にお口の健康を保ち、安心して出産を迎えられますように。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A