一般歯科・虫歯治療

保存修復について

虫歯治療の後は歯に穴があいている

一般歯科では、虫歯の病変部を削ることによって、治療を行っていきます。
虫歯を削るのには、ダイヤモンドバーなどの硬い切削器具を用いたり、痛みの少ないレーザーを用いたりします。
そうして病変部を取り除いていくと、窩洞と呼ばれる大きな穴や溝が生じます。
歯を削るのですから、その分、歯質に穴があくのは当然のことですよね。
この穴は、治療直後は病変が除去されているため、非常に清潔な状態が保たれています。
けれども、この窩洞と呼ばれる穴を何もせず、そのまま放置しておくと、もう一度虫歯を引き起こす原因ともなるのです。
そこで必要になってくるのが、保存修復という一般歯科の処置です。

形の崩れた歯を綺麗に修復する

例えば、虫歯は奥歯の表面の溝にできやすいという性質があります。
ですから、虫歯治療ではこの溝に沿って歯を削ることが多いと言えます。
そして、歯を削った後に、その形を整える目的で、インレーと呼ばれる修復物を詰めることになります。
奥歯には、金属性のインレーがよく使用されます。
おそらく、誰しも幼少時代に、一度はこうした詰め物を詰めたことがあるかと思います。
こうしたインレーを窩洞に詰めることで、新たな虫歯の発生を防止することができるのです。
また、対応する歯との噛みあわせも良くなりますから、咀嚼運動もスムーズに行うことができます。
それに加えて、歯の審美性を向上させることもできるのです。
審美性をより重視して考える場合では、金属製ではなく、セラミックやコンポジットレジンなど、歯本来の色や質感に似た材料を使用することになります。
ただし、セラミックインレーのような高価な材料を使用する場合には、保険が適用されないことが多いと言えます。

虫歯の範囲が広い場合の保存修復処置

基本的に、虫歯というのは自然治癒することはありません。
ですから、治療せずに放置しておくと、確実に悪化の一途を辿ります。
そうして広がった虫歯は、まず元通りに戻すことは不可能です。
けれども、きちんと治療を施して、適切な装置を設置することで、限りなく元の歯に近い状態へと戻すことは可能と言えます。
そこで必要不可欠となるのが、クラウンと呼ばれる補綴装置です。
クラウンとは、一般的には差し歯と呼ばれているもので、虫歯によってボロボロになった歯を丸ごと全部、覆ってしまいます。
材料によっては、天然の歯をほぼ忠実に再現できるクラウンも存在しますので、見た目は虫歯になる前とほとんど変わらないと言えます。
また、使用する材料によっては、硬さなども天然歯に非常に近いため、機能面でも元の歯を再現することが可能です。
ただし、こちらもインレーと同様、保険が適用されるものとされないものとがあります。
より審美性が高く、機能面に優れるものは、保険適用外となるケースが多いと言えます。
ですので、それぞれのニーズに合わせて、どの材料を選ぶかを決めたら良いかと思います。
このように、虫歯や歯周病の治療にレーザーを用いることは、数多くのメリットを享受することができるのです。
ただし、気を付けなければならないのは、レーザー治療が適用される虫歯というのは、比較的範囲が狭いものに限られます。
範囲の広い虫歯や、進行している虫歯には使用できませんので注意が必要です。