小児歯科

指しゃぶりについて

口腔習癖の代名詞とも言えるものに、指しゃぶりがあります。
指しゃぶりは多くの乳幼児に見られる口腔習癖で、そう珍しいものではありません。
ですので、1、2歳くらいの指しゃぶりであれば、特に気にする必要はないでしょう。
しかしながら、4歳や5歳になっても指しゃぶりを続けていると、前歯を中心とした歯列の不正が生じ始めてきます。
具体的には、前歯が前方へと傾斜して、いわゆる出っ歯の状態へ変化していきます。
たかだか指しゃぶりで、本当に出っ歯になったりするのかと疑問に思われるかもしれませんが、これは事実です。
乳児や幼児の顎の骨というのは、まだまだ発達途上であるため、非常に柔らかく出来ています。
ですから、指しゃぶりによって、常時、前歯が上方へと圧迫されていると、その刺激に応じて、骨の形も変わっていくのです。
もちろん、指しゃぶりには心を落ち着かせるといった鎮静効果もありますので、1、2歳の子供に対しては無理にやめさせる必要はありません。