歯周病は全身症状の1つ!?

妊娠との関係

妊娠をすると、体内のホルモンバランスが大きく変化していきます。
その中でも歯周病と関係が深いのが、エストロゲンという女性ホルモンです。
このエストロゲンは、歯周病菌の増殖を促すことが知られています。
また、プロゲステロンはプロスタグランジンという炎症を誘発する物質を刺激するため、その結果として、歯肉にも炎症を起こすと言われています。
これが、妊娠性歯肉炎の発症メカニズムです。
妊娠時には、これらのホルモンが通常の数十倍にも増加するため、妊娠性歯肉炎が発症しやすくなるのです。
このように、歯周病というのは、口腔内だけでなく全身状態と深い関わりのある病気であると言えます。
それだけに、全身の健康管理も疎かにはできません。