予防歯科

メインテナンスについて

医学における治療というのは、異常がある部分を治すことで完了します。
同様に、虫歯治療も虫歯になっている歯を削って、歯科材料を詰めることで完了します。
けれども、予防歯科という分野では、プロフェッショナルケアという治療が終わってからが本番と言えます。
歯科には、リコールやメインテナンスといった用語が存在します。
前者は治療が完了したのちに、再び治療箇所に異常をきたしていないかを検査するものです。
一方、後者は健康になった口腔内の環境をより良いものにするために、行われる処置ということができます。
予防歯科では、このメインテナンスが重要であり、健康な歯や歯周組織を保つには、日々努力し続けることが大切なのです。