インプラント

インプラント手術の痛みについて

インプラントは顎の骨にボルトを埋め込むという大掛かりな手術を行うので、痛みが気になる方も多いかと思います。
実際、手術中は局所麻酔を投与して進められるため、痛みは感じません。
手術後、麻酔が切れてからも痛みはそれほど強くはありません。
もちろん、インプラントの本数が多かったり、骨増生や骨移植などの再生治療を同時に行っているケースなどでは、ある程度痛みが残ります。
また、そうしたケースでは術後に腫れなどが生じますが、通常のインプラント手術であれば、腫れることもほとんどありません。
手術自体も30分から1時間程度で終わるので、入院する必要がなく、患者さんの負担は非常に小さいと言えます。