矯正歯科

歯列不正の種類

叢生

叢生というのは、歯並びがガタガタの状態を差し、一般的には乱杭歯とも言われています。
日本人に多い歯列不正のパターンで、顎の骨が小さいことが原因であることが多いです。
誰しも、生えてくる永久歯の数は同じです。
つまり、小さいスペースに無理やり一定数の歯を並べるとなると、どうしても乱れた配置になってしまうのです。
これを改善するためには、抜歯によって歯の本数を減らし、スペースに余裕を持たせる方法がとられます。
これがお子さんの歯列であれば、顎の大きさ自体を拡大することが可能なので、抜歯が必要なくなることもあります。

上顎前突

上顎前突とは、いわゆる出っ歯のことです。
上の顎が下の顎よりも前に出ている場合に起こります。
もしくは、前歯が前方へ傾斜することによっても起こります。
このように、歯自体に原因があるのか、それとも顎の骨自体に原因があるのかによって、治療法も大きく変わっていきます。
前者であれば、出っ歯になっている歯だけを矯正すれば良いでの、治療は簡単です。
他方、後者のケースだと、顎の骨、もしくは歯列全体をダイナミックに矯正していかなければならないので、治療は大掛かりになります。

下顎前突

下顎前突とは、下の顎が上の顎よりも出ている状態を指します。
一般的には受け口と呼ばれている状態です。
下顎前突だと、自ずと反対咬合という歯列不正が生じてきます。
本来、歯というのは、上顎の前歯が前方に出て、下顎の前歯を少しばかり覆っている状態にあります。
反対咬合では、下顎が前に出てしまっているので、上顎の前歯の切端が下顎の前歯の後方に位置するようになるのです。
下顎前突の治療法では、色々な矯正装置用いて、下顎を後方に下げる処置がとられます。
あるいは、下顎の骨を一部切除して、後方へ下げる外科矯正も行われます。
その他、歯列不正には前歯で噛むことができない開咬や、すきっ歯と呼ばれている正中離開などがあります。