レーザー治療

レーザーによる虫歯治療

殺菌効果

レーザーを使用することで、歯面などに存在する細菌を高温で蒸発させることが可能です。
虫歯にしろ、歯周病にしろ、根本的な原因となっているのは口腔内に常在している細菌ですから、こうした殺菌効果は非常に有用であると言えます。

止血効果

虫歯や歯周病の治療中、歯周組織を傷つけてしまうことは多々あります。
あるいは歯周外科の処置においては、歯肉を切開しなければなりません。
この時にレーザーを用いると、レーザーの高温によって組織が瞬時に蒸発させられるため、出血を抑えることができるのです。
また、術後の痛みも少なく、創傷の治癒も早くなります。

麻酔効果

虫歯や歯周病の治療では、局所麻酔を行うことが多いです。
切削器具の振動が痛みを助長しますし、誤って歯周組織を傷つけることもあるため、麻酔をしておくことはとても大切なことです。
けれども、レーザーを使用することにより、麻酔をかけずとも広い範囲の治療を行うことが可能となります。
また、誤って歯肉にレーザーを当ててしまったとしても、それほど痛みがなく、出血も起こらないという効果が得られます。
このように、虫歯や歯周病の治療にレーザーを用いることは、数多くのメリットを享受することができるのです。
ただし、気を付けなければならないのは、レーザー治療が適用される虫歯というのは、比較的範囲が狭いものに限られます。
範囲の広い虫歯や、進行している虫歯には使用できませんので注意が必要です。