ジェネリック医薬品

品質について

ジェネリック医薬品は、正規の医薬品と比較して値段が安いため、品質に問題があるんじゃないかと不安になる方も多いかと思います。
確かに、ジェネリック医薬品と正規の医薬品とでは、主成分が全く同じなのですが、添加物や製法が多少異なることが多いです。
ですので、両者は全く同一の薬であるとは言えません。
かといって、ジェネリック医薬品の品質に問題があるということにはなりません。
日本で販売されているジェネリック医薬品というのは、厚生労働省の厳しい審査基準をパスしているので、その安全性に保証されているのです。