ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の価格について

本来、新しく薬を開発するとなると、数年から十数年という長い年月がかかります。
その間、数百億円という莫大な研究費がかかることも珍しくありません。
けれども、仮にその研究が成功して、有用な新薬が開発できたとなると、その新薬を独占販売することができますので、製薬会社等には莫大な利益が返ってくることになります。
ですから、将来性のある研究には多額の投資が行われるんですね。
研究する側も、自らの手によって医学を進歩させることができますから、有用な薬の開発に情熱を傾けることができるのです。
ちなみに、そうした新薬開発をするプロセスの中には、治験など人の体を使った試験も行われます。
薬を使用するのは人間ですから、最終的には人の体で害がないことを確かめないといけないんですね。
そうした長く厳しいプロセスを経て、ようやく新薬は認可されることとなります。
しかしながら、新薬を開発した団体は、ある一定期間を過ぎると、その特許権を手放さなければならなくなります。
具体的には、その薬の製法や有効成分を社会全体の共有財産にしなければならないのです。
これは国際社会の決まりごとですので、誰もが守らなければなりません。
そこで生まれたのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は、新薬開発における大半のプロセスを省くことが許されています。
それも当然の話で、先発医薬品は既に人体への安全性が確認されており、製法も確立されているのです。
ですから、ジェネリック医薬品に求められるのは、先発医薬品と同じ成分で、人体に対しても同様の効果があるのかどうかを証明するだけで良いのです。
そうなると、自ずと研究開発費も抑えられ、販売価格も安く設定することができるのです。