金属アレルギー

金属アレルギーを引き起こしやすいもの

冒頭でも書いた通り、歯科の金属製補綴物は金属アレルギーを起こす可能性を持っています。
これらの補綴物には、ニッケル、クロム、コバルト、パラジウムといったアレルゲンとなり得る金属が含まれているため、上記の症状を誘発すると考えられます。
ただし、こうした金属はネックレスやピアス、ヘアピン、メガネのフレームや化粧品などにも含まれており、必ずしも金属製補綴物が原因であるとは言い切れません。
そこで必要になってくるのが、DMAメーターやパッチテストによるアレルギー検査です。