金属アレルギー

インプラントはアレルゲンとはならないのか

インプラントというと、金属製のボルトを歯槽骨に埋め込む治療です。
詰め物や被せ物と異なり、歯肉だけでなく骨にまで接触するわけですから、金属アレルギーの原因となりそうですよね。
しかしながら、インプラント装置はチタンで出来ているため、アレルゲンとはなりにくいのが現実です。
チタンは生体との親和性が高く、骨とも結合する性質を備えているため、アレルギーを起こしにくい金属なのです。
もちろん、インプラントの上部構造など、チタンではない材料の部分でアレルギーを引き起こすことはあり得ますので注意しましょう。
このように、アレルギーの原因となる歯科用金属には様々なものがあります。
同時に、そうした金属アレルギーを検査する方法や治療法などもきちんと確立されていますので、気になる方は歯科医に尋ねてみましょう。