顎関節症

顎関節症とは

症状について

具体的には、顎が痛んだり、顎がカクカク鳴ったり、口を開け辛いという症状が見られます。
症状は、軽いものから重いものまで様々で、その原因や治療法も異なります。
軽症の場合は、放っておいても自然に治ることがよくあります。
比較的症状が重くても、顎関節症の原因となっている生活習慣を改善したり、薬を服用することで治すことが可能です。
ただし、重症化してしまうと、手術でなければ治療できなくなります。
また、開口障害が慢性化すると食事がしにくくなったり、時にめまいなどの全身症状を誘発することもあります。

若い女性が罹りやすい

顎関節症の発症頻度には、性差と好発年齢とが存在します。
まず女性の方が、男性よりも極端に多くなっています。
年齢に関しては、20代から30代が発症のピークとなっています。
こうした性別や年代によって、発症頻度に差がある理由については、まだわかっていません。
ただおそらく、女性は筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高いという傾向があり、尚且つ、骨格や靭帯が男性と比較して脆弱であるためではないかと思われます。
ですので、実際は男性も同じように顎関節症を発症している可能性もあります。

麻酔効果

虫歯や歯周病の治療では、局所麻酔を行うことが多いです。
切削器具の振動が痛みを助長しますし、誤って歯周組織を傷つけることもあるため、麻酔をしておくことはとても大切なことです。
けれども、レーザーを使用することにより、麻酔をかけずとも広い範囲の治療を行うことが可能となります。
また、誤って歯肉にレーザーを当ててしまったとしても、それほど痛みがなく、出血も起こらないという効果が得られます。
このように、虫歯や歯周病の治療にレーザーを用いることは、数多くのメリットを享受することができるのです。
ただし、気を付けなければならないのは、レーザー治療が適用される虫歯というのは、比較的範囲が狭いものに限られます。
範囲の広い虫歯や、進行している虫歯には使用できませんので注意が必要です。