顎関節症

顎関節症の4つのタイプ

1.筋肉に障害がでるタイプ(1型)

人がものを咬むときにには、咬筋を始めとした幾つかの筋肉を使います。
これらの筋肉を使った際に、頬やこめかみ周辺に痛みを感じる場合は、顎関節症の1型です。
痛みは鈍く、どの部分が痛んでいるのかは特定しにくいのが特徴です。
ひどくなると、頭部や首、肩の筋肉も痛み始めます。

2.関節包や靭帯に障害がでるタイプ(2型)

顎関節には、関節包と呼ばれる関節を覆っている組織があり、2型の顎関節症では、この関節包及び靭帯に痛みが生じます。
顎を動かすと、捻挫に類似した痛みが走ります。

3.関節円板に障害がでるタイプ(3型)

顎関節の隙間には、関節円板という線維性のクッションが存在しています。
ものを咬んだ時などに、この関節円盤が本来の位置からずれてしまうことで生じるのが3型の顎関節症です。
顎関節症で起こる、カクカクというクリック音は、この関節円板がずれることによって生じているのです。
また、この3型の症状が進行すると、クローズド・ロックという状態になります。
クローズド・ロックの状態となると、クリック音は消失しますが、口を大きく開けることが困難となります。

4.顎関節が変形するタイプ(4型)

顎関節に過剰な力が長期間加わることによって、顎関節自体の形が変形してしまうことがあります。
これを変形性顎関節症と呼び、4型に分類されます。
4型の顎関節症では、顎関節を構成する骨がすり減ったり、新しく作られたりすることで、いびつな形態を示すようになります。
その結果、口を開け閉めする際に、ゴリゴリといったような、クリック音とはまた別の雑音がするようになります。
症状が悪化すると、滑膜炎などの炎症が生じます。
このように、顎関節症はその症状によって類型化することができますが、実際の患者さんは複数のタイプを併発していることが多いと言えます。