小児歯科

3歳児健診

3歳児健診は1歳6か月健診の後に行われる健康診断です。
健診の内容は、1歳6か月健診と同様、医師による問診に始まり、身体計測、それから歯科検診が行われ、フッ素塗布も実施されます。
3歳児には、以下の特徴が見られます。
・乳歯列が完成している
・体重は出生時の4倍程度にまで増加している
・話文構造が確立される
・永久歯である第一大臼歯が完成している
・永久歯である第二大臼歯が作られ始める