予防歯科

虫歯が減少している理由

日本人の虫歯は、数十年前と比べると大幅に減少しています。
これにはいくつかの理由があります。
まず、予防歯科の概念が普及したため、小さいころから歯磨きをきちんとするようになってきました。
また、オーラルケア商品を販売する企業の側にも意識の変化が起こっており、今現在販売されている歯磨き粉のほとんどにフッ素が配合されているのです。
フッ素の役割を考えると、この点は非常に重要であると言えます。
歯の表層は、口腔内のフッ素を利用して、絶えず修復を繰り返しています。
ですから多少、歯の表面が欠けたり、浸食されてしまっても、フッ素を利用することで、ある程度は修復することが可能なのです。
その他には、歯医者の治療方針が大きく変わったことが関係しています。
以前は、虫歯が見つかったり、虫歯になりそうな部分があると、すぐに削って詰め物などをしていました。
歯は一度削られると組織全体が弱くなり、さらなる虫歯を引き起こす原因ともなります。
最近では、初期う蝕と呼ばれる虫歯であれば経過観察を行って、できるだけ歯を削らないようになってきているのです。
こうした流れもあって、日本人の虫歯は減少傾向にあります。