予防歯科

正しい歯の磨き方

虫歯を予防するためには、適切な方法で歯を磨く必要があります。
この適切な磨き方というのは、意外に知られていなかったり、歯科クリニックで教えられても実践できていなかったりするものです。
しかしながら、虫歯や歯周病を予防するのに最も大切なのは、日々のブラッシングですので、できれば実践していきましょう。
正しい磨き方のポイントとなるのは、歯ブラシの持ち方です。
歯や歯周組織に過度な力が加わらないように、ペングリップという方法で磨くのが最も一般的です。
これは、文字通り鉛筆を握る時と同じように歯ブラシを持つ方法です。
一方、パームグリップという、手のひら全体を使って歯ブラシを握る方法もあるのですが、こちらは強い力がかかってしまうため、特定のケースでのみ使用します。
幼児や小児はこのパームグリップで歯ブラシを持ってしまうことが多いので、出来るだけ早い段階でペングリップに矯正してあげましょう。
なぜペングリップが望ましいかというと、力がかかり過ぎる磨き方だと、歯自体はもちろんのこと、その周りにある歯肉などにも傷をつけてしまうからです。
1日3回の歯磨きだったとしても、長年磨き続けていれば歯は摩耗します。
また、1日1回は10分程度の長い歯磨きを行って、口の中のプラークを完全に除去しましょう。