歯周治療

ルートプレーニング

歯周病が進行すると、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝が深まるという現象が起きます。
歯周ポケットが深くなると、その中に食物のカスやプラーク、歯石などがたまりやすくなります。
これらは当然のことながら、歯ブラシで取り除くことはできません。
また、スケーリングでも除去が難しくなるため、ルートプレーニングという処置が必要になってきます。
ルートプレーニングは、スケーリングと同様にスケーラーという道具を用いて、歯石や感染を起こした歯質を削っていきます。
ただし、スケーリングよりも深く、そして強く歯面を削っていくため、多少の痛みを伴います。
ですから、ルートプレーニングでは、局所麻酔を打つことがあります。