顎関節症

運動療法

顎関節症の発症原因として筋肉の緊張が考えられる場合、まず筋マッサージを行います。
顎周辺の筋肉が緊張している状態だと、血行が悪くなり、顎運動を阻害するだけでなく、痛みも生じさせるため、緊張を緩和する必要があります。
その他、開きにくくなっている口を歯科医師が補助器具等を用いて、開きやすくする運動療法があります。
これを顎関節可動化訓練といいます。
ただし、この訓練は顎関節症の症状によっては、病態が悪化するため、見極めが重要となります。
そして、意外に重要なのが生活指導です。
顎関節症は、頬杖やうつ伏せで眠る、それから歯ぎしりや食いしばりなどの習慣によって発症したり、症状が悪化すると考えられています。
ですから、こうした日常生活における顎の運動に関する指導が必要になってくるのです。