顎関節症

スプリント療法

スプリント療法で使用されるオーソドックスなタイプです。
筋肉の緊張を緩和したり、顎にかかる負担を軽減する効果があります。
就寝時装着することで、顎関節症の症状を和らげていきます。

アンテリア・リポジショニング型スプリント

関節円板に障害が出るタイプの顎関節症に使用されるスプリントです。
口の開け閉めの際に、「カクッ」という関節音が生じるのを改善します。
この関節音が鳴る状態だと、関節円板が異常な位置にあるため、スプリントを使用することで正常な位置へと誘導します。

ディスク・リキャプチャリング型スプリント

クローズド・ロックの状態を治したり、予防するために使用されるスプリントです。