口腔外科

良性腫瘍

エナメル上皮腫

エナメル上皮腫は、その名の通り歯が原因となって生じる腫瘍です。
そうした腫瘍を歯原性腫瘍と呼び、エナメル上皮腫は歯原性腫瘍の中で最も頻度の高い良性腫瘍であると考えられています。
腫瘍自体は、歯の下にある歯槽骨内に広がるため、エックス線を撮影すると顎の骨に大きな黒い影が見えるようになります。
進行するとかなりの大きさとなるため、外見から見ても顎が腫れているように見えます。
治療法としては、手術による摘出が一般的です。
腫瘍があまりに大きくなりすぎると、摘出だけでは対応できないため、顎の骨を切除することもあります。

角化嚢胞性歯原性腫瘍(かっかのうほうせいしげんせいしゅよう)

角化嚢胞性歯原性腫瘍は、以前は嚢胞として分類されていいたのですが、腫瘍のように進行するのが速いため、今では腫瘍に分類されるようになりました。
エックス線上には、エナメル上皮腫と同様、顎の骨の中に黒い影が見えるようになります。
とりわけ、親知らずが生えるはずだった所に発生しやすい腫瘍です。
ですので、歯ができる前の歯胚という組織が嚢胞化して、腫瘍となっていきます。
治療は摘出で、病巣が大きい場合は開窓療法がとられることもあります。

歯牙腫

歯牙腫はその名の通り、歯から発生する腫瘍です。
歯胚の形成異常によって発生し、集合性歯牙腫と複雑性歯牙腫に分類することができます。
集合性歯牙腫では、腫瘍の中に、歯の形をした大小様々な石灰化物が生じています。
一方、複雑型歯牙腫では、腫瘍の中に歯の形にはなり得ていない石灰化物が生じています。
多くの場合で自覚症状がないため、エックス線を撮影して初めて発見されることが多いです。
治療法は摘出です。