矯正歯科

タングクリブ

タングクリブは、舌を突き出す癖や指をくわえる癖を除去するのに有効です。
タングクリブでは、口腔内に金属製の柵のような装置を設置するため、舌を突き出したり、指をくわえたりすることが物理的に難しくなります。
これらの口腔習癖は、前歯を突出させたり、開咬と呼ばれる歯列不正を生むため、除去することが望ましいのです。
タングクリブを装着することで、これらの習癖は防止され、正常な歯列が確立されていきます。