レーザー治療

顎関節症や三叉神経痛の治療

顎関節症や三叉神経痛には、それぞれ独特の痛みがあります。
レーザーを用いることで、これらの痛みを完全ではありませんが取り除くことが可能です。
具体的には、三叉神経痛に対しては、三叉神経の出口やその周辺にレーザーを照射することで痛みが和らぎます。
顎関節症であれば、関節や筋肉の痛みのある部分にレーザーを照射することで痛みが緩和されます。
しかしながら、どれも根本的な治療ではなく、あくまで対症療法であるということを理解しておきましょう。