レーザー治療

抜歯後の痛みを和らげる

通常の抜歯では、歯を抜いた後は術野を消毒した後、ガーゼを患者に噛んでもらうことで後処理を行います。
けれどもこの方法で、は血が止まりにくかったり、傷口が治りにくい患者さんがいらっしゃったりするため、幾分問題も孕んでいると考えられます。
そこで、抜歯後の術野に半導体レーザーを照射するという方法が開発されました。
術後にこのレーザーを照射すると、術野の表面が固まり、出血が止まります。
また、術野内部にはまだ凝固していない血液が充満しているので、傷の治りもスムーズ進んで行くのです。
これを閉鎖ドレッシングと呼びます。