金属アレルギー

オールセラミッククラウン

クラウンというのは、重度の虫歯治療の後に、歯にすっぽりと被せる補綴物です。
本来、このクラウンというのは、全てが金属製であったり、フレームが金属製であるのが普通です。
噛む力をそのまま支えなければならないので、金属のように強度の高い材料でなければならなかったのです。
しかしながら、金属のクラウンというのは、見た目も悪ければ、金属アレルギーを非常に起こしやすい補綴物でもあります。
もちろん、フレームだけ金属であれば、その上にセラミックを焼き付けることができるので、幾分、審美性は高まります。
それでも、金属の色が透けて見えるため、あまり綺麗な物とは言い難いでs。
オールセラミッククラウンであれば、全て歯の色に近い材料を使用できますので、審美性も高まり、アレルゲンにもなり得ません。