審美歯科

歯が白くなる原理

審美歯科では、ホワイトニングという歯科的処置を施すことによって、歯を白くしてくれます。
では一体、歯というのはどのようにして白くなるものなのでしょうか。
ここでは、ホワイトニングによって歯が白くなる原理を、歯の構造についても交えて説明していきます。
ホワイトニングによって歯が白くなる原理については、大きく2つに分けることができます。
まず1つ目は、歯の表面の色素を無色透明にするというものです。
ホワイトニングは歯を白くするものなのに、どうして透明にしてしまうのかと疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。
これにはまず、歯の構造についての理解が必要になります。
歯というのは、最も外側にエナメル質、その内側に象牙質、さらにその内側には歯髄が存在しています。
そして、最外層にあるエナメル質というのは、実は真っ白な組織ではなく、もともと半透明の性質を持っているのです。
エナメル質は、長年の着色などで、黄色になっていたり、灰色になっていたりします。
これでは組織全体に色のムラができてしまうので、審美性を低下させる原因ともなります。
そこで、ホワイトニング剤に含まれている過酸化水素や過酸化尿素によって、歯の色素を本来あるべき透明な構造へと戻すわけです。
エナメル質が本来の透明な性質を回復すれば、結果的に歯の審美性を高めてくれるのです。
そしてもう一つ、ホワイトニングで歯が白く見える原理には、マスキング効果というものがあります。
これは歯のエナメル質の構造自体を変化させるというものです。
先ほど挙げた過酸化水素や過酸化尿素という物質は、エナメル質の表面構造を変化させる効果を有しています。
これらの成分によって、エナメル質の構造が変化すると、その下の象牙質の色が透けて見えないようになります。
象牙質は、元々黄色みを帯びた組織ですので、その色を隠すことによって、歯を白く見せることができるのです。
これをマスキング効果と呼びます。
このマスキング効果によって、歯が持つ本来の白さが浮き出るようになるのです。
ホワイトニングでは、こうした原理で、歯を白く綺麗に見せているのです。