審美歯科

ホワイトニングと副作用

ホワイトニングは、一般歯科の治療と比べて、治療による副作用が少ないようなイメージがありますよね。
実際、ホワイトニング治療には副作用が少ないと言えます。
ただし、全くないというわけではありません。
例えば、ホワイトニング剤の用法や用量を間違えると、副作用が生じることもあります。
これはあらゆる治療法に言えることでもありますが、ホワイトニングもその例外ではないということです。
ホワイトニングにおける代表的な副作用としては、知覚過敏が挙げられます。
これは極端に冷たいものや熱いものを食べた際に、歯がしみるという感覚です。
こうした知覚過敏は、ホワイトニング剤を過剰に作用させたりすることで生じます。
もしも治療途中で、知覚過敏の症状などが出始めたら、すぐにホワイトニング治療を中断しましょう。
折角、歯を白く綺麗にしているのに、別の病気を発症させてしまっては元も子もありませんからね。
その他、ホワイトニング治療では、薬剤の使用方法を誤ると歯がまばらに白くなってしまうということも起こり得ます。
これではかえって、歯の審美性を低下しまうため、大きな副作用と言えます。
これらを踏まえると、やはりホワイトニングというのは専門家によって行ってもらうのがベストであると言えるのかもしれません。
もちろん、ホームホワイトニングでも処置方法をきちんと守れば副作用を避けることはできます。