インプラント

今までの治療法との違い

これまで、天然歯を失ってしまった場合、ブリッジや義歯(入れ歯)という方法が一般的に行われていました。しかしこれらの方法は歯ぐきの上に「のせる」ことになるため、安定させるために、まだ虫歯にもなっていない健康な歯を削らなければならなかったり、抜けた歯の両側の歯に大きな負担がかかってしまうなどさまざまな欠点がありました。
インプラント治療は前述の治療法とは根本的に異なり、治療すべき部分以外に負担をかけず、新しい歯を植えて天然歯と同じ状態にする方法です。