ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは

医療用医薬品には、同じ成分、同じ効き目でも値段が大きく異なるものがあります。
高い薬は、日本で最初に発売された新薬で、安い薬は、新薬の特許が切れた後に厚生労働省の承認を得て発売される薬で、ジェネリック医薬品とも呼ばれています。

患者さんのご負担を少しでも下げられるために

新薬は、特許を出願してから20数年間、開発メーカーが独占的に製造販売することができます。
しかし、その特許が切れれば、その有効成分や製法等は共有の財産になり、ジェネリック医薬品メーカーから同じ成分、同じ効き目の医薬品をより安価で国民に提供できるようになります。
ジェネリック医薬品で済む処方に対し、新薬の処方をすると、薬代が高価になります。当院では、できる限りジェネリック医薬品で、提供し、患者さんのご負担を少しでも下げられるように努めています。

品質について

ジェネリック医薬品は、正規の医薬品と比較して値段が安いため、品質に問題があるんじゃないかと不安になる方も多いかと思います。
確かに、ジェネリック医薬品と正規の医薬品とでは、主成分が全く同じなのですが、添加物や製法が多少異なることが多いです。
ですので、両者は全く同一の薬であるとは言えません。
かといって、ジェネリック医薬品の品質に問題があるということにはなりません。
日本で販売されているジェネリック医薬品というのは、厚生労働省の厳しい審査基準をパスしているので、その安全性に保証されているのです。

ジェネリック医薬品が優れている点について

ジェネリック医薬品の長所と言えば、何よりまず薬の価格ですね。
先発医薬品とおは比較にならないくら安い価格が付けられています。
もちろん、ジェネリック医薬品を取り扱っているメーカーやお店によってもその価格は異なりますが、基本的に先発医薬品より安いのは間違いありません。
その他、ジェネリック医薬品では、先発医薬品の欠点が改善されている場合があります。
例えば、先発医薬品は光や熱に弱い性質があった場合、ジェネリック医薬品では、そうした点を改善していることが多々あるのです。
また、味についても、子供や高齢者が飲みやすいように味付けされていたり、錠剤の形を飲み込みやすいように変形させていたりもします。
このように、ジェネリック医薬品と言っても、単に値段が安いというだけではないんですね。
では、なぜジェネリック医薬品は、それほど安い値段で販売することが可能なのでしょうか。

ジェネリック医薬品の価格について

本来、新しく薬を開発するとなると、数年から十数年という長い年月がかかります。
その間、数百億円という莫大な研究費がかかることも珍しくありません。
けれども、仮にその研究が成功して、有用な新薬が開発できたとなると、その新薬を独占販売することができますので、製薬会社等には莫大な利益が返ってくることになります。
ですから、将来性のある研究には多額の投資が行われるんですね。
研究する側も、自らの手によって医学を進歩させることができますから、有用な薬の開発に情熱を傾けることができるのです。
ちなみに、そうした新薬開発をするプロセスの中には、治験など人の体を使った試験も行われます。
薬を使用するのは人間ですから、最終的には人の体で害がないことを確かめないといけないんですね。
そうした長く厳しいプロセスを経て、ようやく新薬は認可されることとなります。
しかしながら、新薬を開発した団体は、ある一定期間を過ぎると、その特許権を手放さなければならなくなります。
具体的には、その薬の製法や有効成分を社会全体の共有財産にしなければならないのです。
これは国際社会の決まりごとですので、誰もが守らなければなりません。
そこで生まれたのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は、新薬開発における大半のプロセスを省くことが許されています。
それも当然の話で、先発医薬品は既に人体への安全性が確認されており、製法も確立されているのです。
ですから、ジェネリック医薬品に求められるのは、先発医薬品と同じ成分で、人体に対しても同様の効果があるのかどうかを証明するだけで良いのです。
そうなると、自ずと研究開発費も抑えられ、販売価格も安く設定することができるのです。

アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A