金属アレルギー

金属アレルギー

DMAメーターは、 口腔内の補綴物や充填物の金属イオンの溶出状態を測定する装置です。各種アレルギーは様々な要因によって引き起こされますが、歯科の補綴物や充填物に用いられている金属合金に起因するものも少なくありません。

DMAメーター

合金のもつ主要元素(ニッケル・クロム・コバルト・パラジウムなど)が、金属アレルギー等の病気をはじめ多種多様な病状を引き起こすことがあります。それらの病状は口腔粘膜の痛みや酸っぱい味覚として感じられ、さらには、歯肉炎症状から全身症状にもおよぶことがあります。
DMAメーターは、世界的な特許をもつハンガリー製の最新機器で、過去何10年にも及ぶ研究の結果、歯科補綴物の電気化学的状態ひいては生物学的に補綴物、充填物が患者に適合しているかどうか即座に診断します。
DMAメーターにて、いま入っている銀歯などの金属が安定しているかどうかを測定してみて、お口の中の銀歯などの金属を安定したセラミッククラウン・セラミックインレー・レジン・チタンに置きかえましょう。

metal_02

金属アレルギーの症状

口腔内の金属製補綴物が原因で生じる金属アレルギーでは、顔や口腔内に様々な症状を引き起こします。
まず、口内炎、歯肉炎、舌炎といった炎症反応が起こります。
その他、口腔扁平苔癬など、皮膚の角化異常も引き起こします。
しかし、気を付けなければならないのは、歯科の補綴物が原因で、全身にもアレルギー症状が出るということです。
アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎、それからステロイド皮膚症などが生じた場合に、まさか口腔内の補綴物が原因とは思いませんよね。
けれども、これらのアレルギーも、口腔内の病変を起点として発症することがあるのです。

金属アレルギーを引き起こしやすいもの

冒頭でも書いた通り、歯科の金属製補綴物は金属アレルギーを起こす可能性を持っています。
これらの補綴物には、ニッケル、クロム、コバルト、パラジウムといったアレルゲンとなり得る金属が含まれているため、上記の症状を誘発すると考えられます。
ただし、こうした金属はネックレスやピアス、ヘアピン、メガネのフレームや化粧品などにも含まれており、必ずしも金属製補綴物が原因であるとは言い切れません。
そこで必要になってくるのが、DMAメーターやパッチテストによるアレルギー検査です。

パッチテストについて

パッチテストとは、金属アレルギーの有無を調べる試験です。
パッチテスト用のテープを皮膚に貼ることで、検査することができます。
歯科用金属全てを網羅したパッチテストを使用すれば、口腔内にアレルゲンがあるかどうかを調べることができます。
もしも、歯の詰め物などにアレルゲンが含まれていたら、速やかに除去します。
その後、アレルゲンフリーの材料に交換することで、症状を改善させます。

アレルゲンフリーの材料とは

アレルゲンとなり得ない材料としては、やはり金属ではないセラミックやプラスチック等が挙げられます。
セラミックとは陶器のことで、白く透明な質感も歯科用材料として非常に適していると言えます。
その他、入れ歯に関しては、金属のバネを使用しないノンクラスプデンチャーというものが存在します。
このデンチャーは、単にアレルゲンとならないだけでなく、審美性も改善されるため、とても有用な補綴装置と言えます。
ここでひとつ気になるのが、インプラントについてです。

インプラントはアレルゲンとはならないのか

インプラントというと、金属製のボルトを歯槽骨に埋め込む治療です。
詰め物や被せ物と異なり、歯肉だけでなく骨にまで接触するわけですから、金属アレルギーの原因となりそうですよね。
しかしながら、インプラント装置はチタンで出来ているため、アレルゲンとはなりにくいのが現実です。
チタンは生体との親和性が高く、骨とも結合する性質を備えているため、アレルギーを起こしにくい金属なのです。
もちろん、インプラントの上部構造など、チタンではない材料の部分でアレルギーを引き起こすことはあり得ますので注意しましょう。
このように、アレルギーの原因となる歯科用金属には様々なものがあります。
同時に、そうした金属アレルギーを検査する方法や治療法などもきちんと確立されていますので、気になる方は歯科医に尋ねてみましょう。

金属アレルギー

金属アレルギーを回避するためには、金属ではない材料で歯科治療を行う必要があります。
ここでは、金属に代わる歯科材料について、それぞれ詳しく説明していきます。

コンポジットレジン

コンポジットレジンは、一言で言えばプラスチックです。
ただし、歯科治療用に特殊な補強がされているので、一般的なプラスチックよりも丈夫ですし、色彩的にも優れています。
特徴としては、治療に使いやすいように、粘土のような柔軟性を有しています。
これに光を照射することにより、固めることができます。
皆さんも、一度は歯科クリニックでこのコンポジットレジンを詰められたことがあるのではないでしょうか。
一見すると、色も質感も健康な歯と見分けがつかないので、歯科材料には最適です。
そして何より、金属ではないため、アレルギーを起こすことがありません。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、セラミックとプラスチックが混ざった歯科用材料です。
主に、奥歯の治療に用いられます。
従来、奥歯の虫歯治療の後は、金属製のインレーなどを詰めるのが普通でした。
しかしながら、金属だと審美性が低下するということと、アレルギーを起こしやすいということから、ハイブリッドセラミックのような材料が開発されたのです。
奥歯はとても強い力のかかる所ですから、プラスチックだけで構成された材料だと、すぐに壊れてしまうおそれがあるのです。
セラミックというのは陶器ですので、プラスチックと比べてかなり丈夫であると言えるので、ハイブリッドセラミックでは、セラミックの粒子が添加されています。

オールセラミッククラウン

クラウンというのは、重度の虫歯治療の後に、歯にすっぽりと被せる補綴物です。
本来、このクラウンというのは、全てが金属製であったり、フレームが金属製であるのが普通です。
噛む力をそのまま支えなければならないので、金属のように強度の高い材料でなければならなかったのです。
しかしながら、金属のクラウンというのは、見た目も悪ければ、金属アレルギーを非常に起こしやすい補綴物でもあります。
もちろん、フレームだけ金属であれば、その上にセラミックを焼き付けることができるので、幾分、審美性は高まります。
それでも、金属の色が透けて見えるため、あまり綺麗な物とは言い難いでs。
オールセラミッククラウンであれば、全て歯の色に近い材料を使用できますので、審美性も高まり、アレルゲンにもなり得ません。

グラスファイバーポスト

虫歯が進行すると、エナメル質から象牙質、そして歯髄にまで達していきます。
そうすると、神経を抜いたり、神経が治まっている根管に薬剤を塗ったりするなどして、歯の内部の治療を行います。
こうした歯の内部の治療が終わった後は、根管が空洞になってしまっていますから、歯科用材料で埋める必要が出てきます。
そこで用いられているのが、金属製のポストです。
金属製のポストは丈夫で壊れにくいのですが、ポストにおいてはその性質がマイナスに作用して、今度は金属よりも脆い周囲の歯質を破折する要因にもなり得るのです。
そしてもちろん、金属アレルギーの原因ともなります。
そこで開発されたのがグラスファイバーポストで、このポストであれば歯質と同じような硬さや柔軟性を有しているため、破折を防ぐことができます。
そして何よりアレルゲンとはならないので、昨今、多用されるようになってきています。

アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A