人生は歯が命 歯っぴぃーライフ


著名人たちの歯、イチロー、ジョージ・ワシントン……

イチロー選手が、日米通算3000本安打というすばらしい記録に
到達しましたね。
時折、イチロー選の手身体に対するメンテナンスなどがメディアに
取り上げられていますが、今年43歳になる身体に対する意識や
取り組み方は、一般人には及びもつかないほどで、ただただ感心し、
プロフェッショナルとはこういうものなのだなと溜め息が
出てしまいます。

聞いたところによると、イチロー選手は歯にも相当気を配って
いるようで、一日5回も歯磨きをするのだそうです。
サッカーの元日本代表の中田英寿選手は、日本に帰国すると、
ホテルにチェックインするより先に、まずは歯医者に向かうのだとか。

私はスポーツ選手じゃないし、同じようにはできないと思われる
方もいるでしょう。
一方、同じようにはできなくても、歯に問題があるのは好ましく
ないという考えの方も多いでしょう。

では、みなさん、歯の役割とはいったい何でしょうか?

「食べ物を噛むこと」という回答の方、正解です。

でも、ほかにも役割はあります。

・脳の血液循環を活性化させること
・口の中の健康が、目、鼻、耳、頭や背骨などにも大きな影響を
及ぼすこと
これらは医学の進歩により、分かってきたことです。

食べ物を噛むということは、噛めているうちは当たり前すぎて、
気にも留めていないかもしれませんが、その当たり前のことが
できなくなると、噛み砕いて食べ物を小さくし、飲み込みやすく
消化吸収しやすくするということが難しくなります。
結果、食べ物を刻んで細かくしたり、ミキサーにかけてドロドロに
したりして、食べ物の形がどんどん変わっていってしまいます。
彩り豊かな野菜の煮物を、全てミキサーにかけてしまえば、色も形も
食感も失われます。美味しそうに盛り付けることもできません。

食欲をそそる食べ物を噛んで食べられるというのは、実はとても
素晴らしいことだったのです。

歯や口の健康で悩んでいたのは、現代を生きる私たちだけではありません。
歴史上の人物も同じでした。

例えば、アメリカ合衆国初代大統領のジョージ・ワシントンは20代の頃から
歯周病で、晩年には歯が1本しか残っておらず、入れ歯で演説が出来ないので
大統領選の第3戦選に立候補しなかったという説もあります。
鎌倉幕府を開いた源頼朝は、亡くなる4年前から歯の健康に苦しんだそうです。
虫歯から根尖性歯周炎になり、その細菌が原因で敗血症にかかって亡くなった
人もいます。新選組二番隊長の長倉新八がそうです。

歴史上の人物たちが歯や口の健康に悩まされていなければ、今とは違う史実が
あったりしたかもれません。

現代に生きる私たちが、歴史上の人物と同じように苦しまない為に出来ることは
何でしょうか?

歯磨きをすること?
間違いではありませんが、歯磨きをしても汚れは61%くらいしか落とせない
ということが分かっています。

では、どうしたらいいでしょうか?

虫歯や歯周病を防ぐ目的で、歯医者さんに行くこと
これが重要なカギです。

そのカギの意味は??
おおいに気になるところかもしれませんが、それはまた別の機会に
お話しすることに致しましょう。

af0150022866l


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A