人生は歯が命 歯っぴぃーライフ


もしも恋人(パートナー)が歯周病だったら

img

今日、まず初めにお伝えしたいのは、「歯周病は感染症です」ということです。

歯の周りの歯茎と骨が溶けて歯が抜けてしまう、大変怖い病気ですが、問題は口の中だけに留まりません。

最近分かってきたことは、歯周病菌が様々な病気の原因や悪化を、招いているということです。
口の中にいる菌が何故全身の病気の原因になるのでしょうか?

歯周病が初期のうちは口の中にいるだけですが、症状が進むと炎症を起こした歯肉から歯周病菌が出す毒素や炎症性物質がたくさん放出され、それが血流にのって全身に運ばれるのです。

アメリカ歯周病学会では、「歯周病は心臓発作などの死に直結する病気である」として、警鐘を鳴らしています。
そう言われても、いまいちピンと来ないかもしれませんので、少し説明します。

歯周病が悪化すると、歯肉の血管が切れて出血し易くなります。
その切れた血管から歯周病菌が入り込み、血液を介して心臓まで運ばれます。
心臓まで達した歯周病菌は、血管の内側を狭くしたり、つまらせたりして、
狭心症や心筋梗塞などの心臓病を引き起こすことがあると、言われているのです。

歯周病菌が原因となる全身疾患は、心臓病のほかにもたくさんあります。

・歯周病菌が悪化させる要因となるもの糖尿病、関節リウマチの発症と悪化に関与

・歯周病菌がひきおこしているといわれている病気など
早産(低出生体重児)、心臓病、認知症、誤嚥が原因の肺炎、うつ病

・関与していることがわかっているもの
肥満、高脂血症、掌蹠膿胞症、バージャー病(※1)、骨粗しょう症

※1バージャー病とは
Leo Buergerによって初めて報告されたことから、報告者の名前をつけてバージャー病(英語読み)、あるいはビュルガー病(ドイツ語読み)と名づけられた病気で、閉塞性血栓血管炎(thromboangiitis obliterans,略してT.A.O.)と呼ばれることもあります。四肢の末梢血管に閉塞をきたす疾患で、その結果、四肢や指趾の虚血症状(血液が十分供給されないためにおこる組織の低酸素症状)が起こる病気です。

では、このコラムを読んでくださっている貴方が歯周病にかかったとしましょう。
治療をするのは貴方一人で良いのでしょうか?

答えは、「NO」です。

コラムの冒頭の「歯周病は感染症です」という一言を、思い出してください。

私が勉強に行ったフィンランドでは、歯周病は本人だけではなく、まわりのひとも検査をし、菌がいれば一緒に治療していました。
生活を共にしていれば、どうしても感染しやすくなるからです。

例えば、生まれてくる子どもの歯周病菌感染を防ぎたい、長生きをしたい
そんなふうに考えている方は、生活を共にするパートナーと一緒に治療をすることをお薦めします。

夫婦で歯周病菌の治療を完了したのに、海外旅行で今までより強力な歯周病菌をもらってきてしまったという例もあり、除菌が完了しても再度感染する場合もゼロではないのです。

歯周病菌は10種類位ですが、中には非常にタチの悪い菌もいます。
この強力な感染力が強い菌を持っている人がいた場合、コップの回し飲みで感染してしまう可能性も否定できません。

歯周病菌の一番ボスはカンジタというカビで、性病ととらえている方が多いと思いますが、
このカビは口の中にもいます。
また、喘息の治療でステロイド吸入薬を使用している方は、吸入後のうがいを怠ると口腔内にカンジタ症が発生する原因になります。

歯周病は、一度感染してしまうと、ただ歯ブラシをしただけでは取れないのです。

抗生物質や抗カビ剤などを使用して、除菌をしなければなりません。

虫歯菌は3歳までに感染しなければ、その後に虫歯に感染する可能性は低いのです。
これは、虫歯菌の感染力が低いためですが、歯周病菌はそうはいきません。

この感染力の強い歯周病は、最近ペットの犬や猫まで及んでいます。
原因は、人間です。
もし、貴方が歯周病で、貴方が口の中である程度噛んだものを、かわいがっている
ペットの犬や猫にあげているとしたら、食べ物くをあげたつもりが歯周病菌まで…!!、
ということになってしまいます。

思い当たる症状のある方は、パートナーのため、家族のため、ペットのため、そして何よりもご自分のために、歯周病菌がいるかどうか顕微鏡検査を受けてみると良いと思います。

 歯周病検査キャンペーン

アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A