人生は歯が命 歯っぴぃーライフ


マウスピース矯正(インビザライン)にまつわる都市伝説

マウスピース矯正(インビザライン)にはこんな都市伝説があります…

①マウスピース矯正中はキスができない。デートで嫌われる。くさい。
②マウスピース矯正中はスポーツ中は使えない
③腕のいい歯科医はマウスピース矯正をすすめない
④マウスピース矯正中は抜歯する治療ができない
⑤マウスピース矯正は失敗しやすい
⑥マウスピース矯正ではカンタンな治療しかできない
⑦マウスピース矯正は治療期間が長い

ここに書かれていることは、全部うそです。
一つずつ解説していきましょう。

①マウスピース矯正中はキスができない。デートで嫌われる。くさい。

マウスピース矯正(インビザライン)は結婚式で花嫁さんが装着していても気付かれないくらい目立たないので、デート中でも気になることはありません。
マウスピースに尖った部分はないので相手と接触しても不快な思いをされることもありません。
毎日のお手入れはマウスピースを外したときに歯ブラシでブラッシングをするぐらいで大丈夫ですし、10日前後で新しいマウスピースに交換するので臭いに神経質になる必要はありません。

②マウスピース矯正はスポーツ中は使えない

できます。
かみ合わせもピッタリに作られているので姿勢も良くなりますので
バッティングした時によくとぶかも?

③腕のいい歯科医はマウスピース矯正をすすめない

ワイヤー・ブラケット矯正で名医といわれる先生方も、どんどんマウスピース矯正(インビザライン)で治療をはじめています。

④マウスピース矯正は抜歯する治療ができない

マウスピース矯正(インビザライン)なら、抜歯する治療もできます。
インビザラインであればアタッチメントを使えるため、抜歯症例にも対応できますす。

⑤マウスピース矯正は失敗しやすい

失敗の原因のほとんどは、歯科医師が患者さんの装着状況をきちんと把握しないまま進んでしまうことで起こります。
治療経験が豊富な歯科医師を選ぶことがとても重要です。

⑥マウスピース矯正ではカンタンな治療しかできない

マウスピース矯正(インビザライン)なら、ワイヤー・ブラケット矯正と同等の難しい治療もできます。

⑦マウスピース矯正は治療期間が長い

マウスピース矯正(インビザライン)はワイヤー・ブラケット矯正よりも短期間で終わることが多いです。

続いてインビザラインに関して良くある質問をご紹介します。

Q.矯正の際に虫歯や歯周病がある場合はどうする?
A.まずは治療が必要ですが、矯正しながら一緒に治療できます。
治療が大がかりになる場合、先に治療してから矯正することもあります。
矯正前にはまず歯の状態をチェックしますので、その際に進め方をご提案します。

Q.矯正装置を壊してしまったら?
A.矯正装置を作り直すことができます。
ただし、追加費用がかかってしまう場合もあります。

Q.途中で妊娠しても矯正を続けられる?
A.妊娠中の方でも可能です。
ただし、状況によっては避けるべき期間もあります。
まずはご相談ください。

Q.引っ越し等で通えなくなったら?
A.引っ越し先の歯科医院へデータをお渡しすることで、引っ越し先の歯科医院で治療の続きを受けることが可能です。

まとめ
インビザラインは院長自身も使っています。
使い心地の良さを身を持って体験しているので、自信を持ってお勧めできます!
私は、自分が使っていないものを患者さんにお勧めすることはできません。
(ちなみに保険の入れ歯は勧めません。自分がやりたくないと感じたからです…。)

院長がインビザラインを体験している様子は動画からご覧ください!
https://artdental.jp/drblog/6819/


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A