人生は歯が命 歯っぴぃーライフ


受け口

最近受け口のお子さんを診ることが多いのですが、
大人の患者さんにも反対咬合(受け口)が増えてきました。

受け口とは、下の前歯が上の前歯より前に出ているために上下の噛み合わせが逆になっている状態を言います。

大人の場合、骨格性の部分(しゃくれ)は治せないですが、
インビザラインを使うことによって歯並びをキレイに治すことができます。
これによって皆さんに喜んでいただいております。

ワイヤー矯正では歯を前に出すことが難しかったのですが、
インビザラインは出すことが得意なので上の前歯を下の前歯の前に出すことが可能です。

骨格性が原因の受け口については大人になると治療が困難になるため、子どもの頃に治療を行う事をおすすめします。
ご興味をお持ちの方はスタッフや院長にお気軽にご相談ください。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A