わくわくスタッフ日記


おなかの中の赤ちゃんの為の虫歯予防

生れてくる赤ちゃんが虫歯にならないようにするための方法をご紹介します。

まず、妊婦さんは悪阻などで、少量しか食べられない為に食事の回数が増えたり、
歯ブラシを口に入れるだけで気持悪くなる、ホルモンバランスの変化で妊娠性歯周炎にかかりやすくなるなど、
お口の中の感興も変化が起こります。

生れたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯の菌はいませんが、唾液などを介して大人から虫歯がうつることも
あるのです。
口移しで食べものをあげたり、かわいい赤ちゃんについチュッなんていうことも、
赤ちゃんが虫歯になる一因と言えなくもないようです。

妊婦さんには、フッ素の塗布、キシリトール入りのガムやタブレットを利用することお薦めします。
虫歯治療は妊娠中期であれば問題はないと言われていますので、気になる方は当院へご相談ください。

それからもうひとつ。
赤ちゃんの周りの大人の方々も、ご自分の唾液が赤ちゃんの口に入る可能性はゼロではないので、
虫歯治療をしておかれると良いかと思います。
xf1635021381x


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A