わくわくスタッフ日記


むし歯のミュータンス菌は、母親から移ります

むし歯と一口に言っても、大人のむし歯と子供のむし歯では、原因となる最近の種類が異なります。
大人になってからできる虫歯は口の中にいつもいる(常在菌)という毒性の弱い細菌に感染することによって起こります。
 
一方子供の急激に進行するむし歯は(ミュータンスレンサ菌)という細菌に感染することによって起こることが多いのです。
 
このミュータンスレンサ菌は、生まれたての赤ちゃんは、誰も持っていません。
 
では、どうやって、この菌に感染するかというと、母親の口の中にいるミュータンスレンサ菌が唾液を介して感染するのです。
口移しでものを食べさせたり、同じスプーンを使うなどで、簡単に感染してしまいます。
感染期間は、1歳7ヶ月~2歳7ヶ月くらいの間といわれているので、この時期は特に注意しましょう。
感染した、ミュータンスレンサ菌は口の中にもともといた常在菌と歯の表面の縄張り争いをし、このときに常在菌が勝てば、その後もミュータンスレンサ菌に感染する確立は低いといわれています。
 
ミュータンスレンサ菌が勝った場合は、この菌が(非水溶性グルタン)という非常にベットリとした物質を元にした歯垢を作り、その中で次々にむし歯の元となる酸を作ります。
 
この歯垢は通常の歯磨きでは取れないほど、強力に歯の表面にくっつくので、歯科医院で専門的なクリーニングをしてもらう必要があります。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A