わくわくスタッフ日記


江戸時代の歯医者さん~その1~

西洋医学が日本に入ってくる以前、歯を診る人はいたのでしょうか?
ふと疑問に思い、調べてみました。

すると、
なんと室町時代の末期には、幕府医官として口中医がいたのだそうです。

江戸時代には、幕府や藩には、お抱えの口歯科、口中科を専業にする医師がいて、
口、喉、歯の治療をおこなっていたとのこと。

幕府や藩お抱えのということからもわかるように、
一般庶民の歯医者さんは少なかったようで、
上層階級やお金持ちが主な患者さんだったそうです。

でも、歯が痛くなるのはお金持ちだけではありません。

一般庶民だって虫歯は出来ます。

その人たちは、どうやって治療していたのでしょうか?

民間療法にすがるしかなかったようです。
民間療法はたくさんあり、これについてはまたブログに書きたいと思います。

昔の人も歯が痛くなったりしたのだなぁと、当たり前のことながら、
妙に感心してしまいました。FM089


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A