わくわくスタッフ日記


デンタルフロスについて

歯と歯の間にはハブラシだけでは除ききれない、プラーク(歯垢)が残っており、
やがて歯周病を引き起こす原因となります。
歯ブラシに加えて、歯間クリーナー(歯間ブラシやデンタルフロス)を用いたプラークの除去をお勧めします。
<使い方>
まず40~50cmくらいフロスを出し、端を指にクルクルっと巻きつけます。
そして歯と歯の間にフロスを挿入するのですが、フロスをゆっくり前後に動かしながら挿入するようにしましょう。
糸の間隔をできるだけ短くした方が挿入しやすくなります。
これが難しいという場合には、柄のついたタイプのデンタルフロスを使うという方法もありますが、費用はかなり割り増しになります。
フロスを使ったら血が出たとか、歯に引っかかる、などの不具合がある場合は、
歯医者さんに相談してくださいね。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A