わくわくスタッフ日記


ラミネートベニアとは?

皆さんこんにちは。
今回は美容歯科の治療法の一つであるラミネートベニアについてのお話です。
ご存知の方もおられることでしょう。
これは歯の表面をほんの少しだけ削ったあと、その上から見た目は白い歯とそっくりの薄いセラミックでできた板を貼り付けて、見かけを綺麗に改善する治療法のことを言います。歯の色が変色してしまった人や、歯と歯の間に隙間がある人に有効な治療法です。

以前は同様の効果を得るために、歯の全周を削ってその上からクラウンをかぶせる方法が行われていました。
この方法では、健康な歯を随分と削らなければならず、また費用も高額になってしまいました。
しかし、このセラミックによるラミネートベニアが開発されてからは、歯にかける負担も費用の問題も大きく改善することに成功しています。
セラミックはプラスチックなどに比べても変色が起こりにくく、頑丈で割れる心配もありません。
また体にも優しい素材として知られています。

しかし、それでも歯の表面を削るということに対して、神経に触れて痛くなるのではないかと不安を感じる方もあるかもしれませんね。
実際に削る量というのは0.3㎜から0.5㎜程度なので、神経に触れることはありません。安心して綺麗な歯にすることができますよ。
ご不明な点がありましたら、ドクター・スタッフにお気軽にご相談ください。


アートデンタルクリニック Contents

アートデンタル3つのお約束ワクワク楽しい矯正医院

無料メール相談資料の無料進呈Q&A